• 医療法人 学殖会 村井歯科医院

  • 京都市右京区 三条通沿い
  • 0120-118-205

    診療時間 9:30〜12:30/14:30〜18:00

    休  診 土曜午後・日曜・祝祭日

  • 初めての方 24時間WEB予約

村井歯科ブログ

歯間ブラシとフロス、どちらを使うべきですか?

2018年4月3日 (火)

カテゴリー未分類

こんにちは、右京区山ノ内の
村井歯科医院です!

 

お口の健康を保つ上で欠かせないものそれはもちろん歯ブラシです。しかし、もう一つ皆さんに上手に利用してもらいたいものが歯間ブラシとデンタルフロスです。
歯間ブラシというのはどちらも歯と歯茎の境目や歯と歯の間の隙間の汚れを取るために使われるものですが、この歯間ブラシやデンタルフロスを正しく使い分けたり、正しく使わないと綺麗に汚れが落とせません。
お口の衛生管理に欠かすことができない二つの道具の選び方と使い方についてみなさんにご紹介いたします。

 

歯間ブラシというのは細いワイヤーに毛が取り付けられている道具で、歯と歯の間の隙間が大きい方が利用するといい道具です。
歯と歯の間の汚れが溜まっているとどうしても歯の表面から虫歯が起こってしまったり、歯周病などの疾患にかかってしまう可能性があり、歯間ブラシを正しく使うことが必要です。
歯と歯の間の汚れを綺麗に効率よく落とすためには、ご自身の歯と歯の間の隙間の大きさを知り、その大きさに合った歯間ブラシを使うことです。歯間ブラシが入らない隙間が狭い場合にはデンタルフロスの方が良いでしょう。

 

デンタルフロスも歯間ブラシも予防に最適な道具です。適切な道具選びをしっかりと行う事が非常に重要なので、歯ブラシ選びと合わせて歯医者で相談しながら道具を選びましょう。

  • 0120-118-205

    診療時間 9:30〜12:30/14:30〜18:00

    休  診 土曜午後・日曜・祝祭日

  • 初めての方 24時間WEB予約

医療法人 学殖会 村井歯科医院

〒615-0071 京都府京都市右京区山ノ内西裏町15-2

TEL0120-118-205

診療時間
9:30〜12:30
14:30〜18:00

休診日 土曜午後・日曜・祝祭日
【当院に初めて来院される方は18時までの受付となります】

初めての方 24時間WEB予約
お問い合わせ