• 医療法人 学殖会 村井歯科医院

  • 京都市右京区 三条通沿い
  • 0120-118-205

    診療時間 9:30〜12:30/14:30〜18:00

    休  診 土曜午後・日曜・祝祭日

  • 初めての方 24時間WEB予約

虫歯・歯周病治療

最新の虫歯 / 歯周病治療 カリソルブ・ペリソルブ療法

カリソルブ療法はスウェーデンで開発された全く新しい虫歯治療です。スウェーデンでは1998年に認可され、現在では一般的な虫歯の治療として普及しています。日本では2007年に厚生労働省に認可されています。

ペリソルブ療法も同様に、スウェーデンで生まれた出血や細菌リスクを抑えた新しい歯周病治療です。

患者様のメリット

  • 神経を失う歯が減る
  • 麻酔注射が減る
  • 嫌なドリル音が減る

こんな方におすすめ

  • 幼児・小児
  • ご高齢の方
  • もちろん成人の方

カリソルブ療法 適応:虫歯治療

クロラミン成分が病的組織に対してのみ反応するので健康な組織を守ります。神経を抜くことが少なくなるので、天然歯(自分の歯)を長持ちさせることができます。

ペリソルブ療法 適応:歯周治療

クロラミンが壊死組織を溶解して歯の表面から歯石を取りやすくします。細菌の飛沫や再付着を抑制するので効果的で安全な歯石除去が可能です。

※クロラミン=次亜塩素酸ナトリウムと複数のアミノ酸の複合体のことで、壊死組織(虫歯や不良肉芽など)だけを溶解します。

神経を守る痛みの少ない治療法 ドックスベストセメント

※効果があるかどうかは最初にこちらで判断させていただきます。まずはご相談ください。

ドッグスベストセメントは、アメリカで開発された「痛くない、削らない治療」です。
従来の虫歯治療はう蝕部分は全て削り、虫歯が神経まで達していたケースにおいては神経を抜かなければなりませんでした。しかし、神経を抜くと歯に栄養が届かなくなり弱くなってしまうため、治療しても再び虫歯にかかったり歯が欠けてしまうリスクがありました。

ドッグスベストセメントではう蝕部分をあえて全て削らず、ミネラル分を含んだセメントによって虫歯菌を殺菌します。既に虫歯が神経に達していた場合はドッグスベストセメントが適用できませんが、適用できる場合は神経を残せる可能性が大幅に高まります。このセメントには柔らかくなった象牙質を硬い状態に戻す効果があり、歯と補綴物の間で虫歯の再発を予防する役割も果たします。

ドッグスベストセメントのメリット

痛みの少ない治療法

神経を抜く場合や歯を削る量が多い場合、治療時の痛みは大きくなります。ドッグスベストセメントでは麻酔をほとんど使用せずに治療ができ、歯科治療に恐怖心をお持ちの方やお子様の虫歯治療にも適しています。

必要以上に歯を削らない

ドリルでう蝕部分を削ると、どうしても虫歯だけでなく周囲の健康な歯まで削ってしまいます。ドッグスベストセメントで削る量は必要最小限ですので、神経を残しつつより多くの歯を良い状態に保つことが可能です。

従来の虫歯治療より通院回数が少ない

根管治療では、抜髄や根管内を殺菌・洗浄する工程に非常に時間がかかります。ドッグスベストセメントは、う蝕部分を削った後にセメントを塗布して詰め物・かぶせ物をするだけで、通院回数が少ないのが特徴です。

注目される第四の選択肢 ヒューマンブリッジ

ヒューマンブリッジとは、隣り合った歯(ブリッジの支えとなる支台歯)を必要最低限しか削らない固定性のブリッジです。従来のブリッジは歯のエナメル質を大きく削り取るため、大きなダメージが出るのが欠点でした。ヒューマンブリッジはそのダメージを劇的に軽減し、歯にとって一番大切なエナメル質を残してブリッジを装着することが可能です。
また、歯のアンダーカットを積極的に利用しているため、単に歯に接着しているだけではなく、従来の歯科治療では考えられなかったような3次元的に計算された構造となっています。

手術などの必要もなく、入れ歯、ブリッジ、インプラントに次ぐ第四の選択肢として注目されている、患者様のお身体に優しい欠損補綴治療です。

他の治療法と比べたヒューマンブリッジの利点

ヒューマンブリッジの一番の特徴は、治療する歯と隣り合った歯をほとんど削らずに済む点です。そのため治療時の痛みを抑えることができ、無麻酔で処置が可能なケースも多くあります。短期間で装着が可能で、インプラントのような外科手術も不要なため、高血圧や糖尿病などの全身疾患をお持ちの方、手術を受けるのが怖い方、インプラント非適応症の方にもおすすめできる方法です。
少数の歯の欠損に対して幅広く対応できる治療ですので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

費用について
  ヒューマンブリッジ インプラント ブリッジ 入れ歯
歯を削る量 極めて少ない 多い 少ない
身体への優しさ
手術
耐久性
審美性 ×
保険適用 不可 不可

※上記は目安です。使用する素材やお口の中の状況によって異なります。

ヒューマンブリッジ治療の流れ

隣り合った歯を必要最低限だけ削ります。

隣り合った歯を必要最低限だけ削ります。

必要なパーツを接着剤で装着します。

必要なパーツを接着剤で装着します。

歯周病菌にもっとも効果のある抗生物質の内服

パーツが装着された状態です。

パーツが装着された状態です。

間に人工の歯を接着剤で精密に装着して完成です。

ヒューマンブリッジは固定式のため取り外す必要がなく、安定した噛み心地を得られます。また、基本的に隣り合った歯の噛み合う面は削らないので、装着時の違和感も少なめです。
※メタルボンドや前装冠、クラウンなどの補綴物が装着されている場合は、エナメル質に対するほどの接着力が得られないため、原則非適応症例です。

  • 0120-118-205

    診療時間 9:30〜12:30/14:30〜18:00

    休  診 土曜午後・日曜・祝祭日

  • 初めての方 24時間WEB予約

医療法人 学殖会 村井歯科医院

〒615-0071 京都府京都市右京区山ノ内西裏町15-2

TEL0120-118-205

診療時間
9:30〜12:30
14:30〜18:00

休診日 土曜午後・日曜・祝祭日
【当院に初めて来院される方は18時までの受付となります】

初めての方 24時間WEB予約
お問い合わせ